HTMLとは

Webサイトの内容に意味や役割をつける言語

HTMLは

Hyper Text Markup Language
ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ

の略で、Webサイトの内容を書くための言語です。

HTMLを使って、Webサイトの内容に意味や役割をつけていきます。

タグ

HTMLでは、「タグ」と呼ばれる意味を持ったもので文章を囲みます。また、タグで囲むことを「マークアップ」といいます。

「タグ」は「<〜>」という形で、それぞれに意味を持った様々な種類があります。
タグで文字列を囲むことで「ここは見出しです」「ここは段落です」といったwebサイトの構造をコンピューターが理解することができます。

HTMLのタグは沢山の種類があり全てを覚える必要はありませんが、正しい文書構造を実現するために用途にあったHTMLタグを使用することが大切です。

この記事を書いた人

三浦佐代子