WordPress子テーマ作成のポイント

子テーマ作成に必要なもの3つ

子テーマ作成時、以下の3つは必ず必要です。

(1)子テーマ用フォルダ

(2)style.css

(3)function.php

子テーマ作成の手順

「テーマ名_child」などのフォルダを作成します。

子テーマディレクトリの名前には最後に ‘-child’ を付けることが推奨されます(ただし必須ではありません。)

WordPress公式サイト(子テーマ)参照
そのフォルダ内に以下のものを作成します。
style.cssの作成

子テーマフォルダ内に新規のstyle.cssを作成します。

[簡単な方法]

親テーマの「style.css」の最初のコメント部分(/*〜*/)を子テーマの「style.css」へコピーして貼り付け、必要箇所は追加変更します。
太字部分は必須です。
/*
 Theme Name: Twenty Seventeen Child
 Theme URI: https://wordpress.org/themes/twentyseventeen/
 Template: twentyseventeen   /*(親テーマのディレクトリ名を書く)*/
 Author: SayokoMiura
 Description: Twenty Seventeen Child theme.
 Version: 1.0
 */
functions.phpの作成

子テーマフォルダ内に新規のfunctions.phpを作成します。

<functions.phpのみは子テーマと親テーマ両方を読み込む設定となります。>

(他のファイルは、子テーマにコピーされたものは親テーマを上書きして利用されます。(両方にあったら子テーマ優先))

WordPress公式サイト(子テーマ)参照 
[簡単な方法]

上記WordPress公式サイト(子テーマ)からコピペし、1行目に「 <?php 」 を追加する。
<?php //子テーマで利用する関数を書く

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );

}
themeにアップロード

アップロードすると、WordPress管理画面の「外観ーテーマ」に子テーマが出てきます。

テーマに子テーマが出てこない時は!

  子テーマの「style.css」の 

       Theme Name: 子テーマ名
       Template: 親テーマのフォルダ名を指定しましょう!
大文字・小文字も判断するので気をつけましょう

  は合っていますか?
  記述はありますか?
テーマの中に子テーマが出てきたら、有効化します。
  サイトを表示してみて、スタイルが反映されていなかったら!

    子テーマの「functions.php」を確認しましょう

         ①「functions.php」のスペルミスはありませんか?
            意外とこれあります。私も実は・・・

        ②「functions.php」の1行目に
                  <?php
           はありますか?

          <?php  以下の内容は、WordPress公式サイトの正しい部分をコピペしていますか?

カスタマイズのコツ

①CSSの編集

ディベロッパーツールを使うと便利です。

子テーマに書いていくと親テーマをアップデートしても影響しません。

②HTMLの編集

親テーマからパーツなどのファイルをコピーして使用します。

・子テーマにコピーされたファイルは親テーマを上書きして利用されます。(両方にあったら子テーマ優先)

・function.phpのみは親のものも読み込まれます。

screenshotも作ってみましょう

「screenshot」はWordPressの管理画面のテーマで見ることのできるテーマの画像です。

サイトトップページのファーストビューなどで作成すると良いでしょう。
作成したら、子テーマのフォルダに入れて、管理画面のテーマで見ることができるか確認しましょう。

  • 拡張子 : png  「screenshot.png」
  • サイズ:880px × 660px

この記事を書いた人

三浦佐代子